2014年07月08日

ふるさと納税とは一体何?

「ふるさと納税」という言葉を年末頃に見かけたり、お聞きになられた方がいらっしゃるかもしれません。なぜ話題になったのでしょうか・・・? 理由はお得に節税できるから!(※個人差有り)なのです。

○なぜお得なのでしょうか?
ふるさと納税の流れをご紹介します。
まず全国の市町村の中から寄付(ふるさと納税)をする場所を選んでお金を払います。その後払った年度に係る確定申告をして支払った金額−2,000円分の所得控除をうける。(※その年の所得税を超えて控除することはできません。)こういう流れになります。
ここで終わると2,000円は損する?どこが得なんだ?となるのですが、これだけでは終わりません。ふるさと納税をすると、納税に対するお礼として相手の市町村から特産品が送られる特典があるのです。お米、お肉、お魚やお酒といった各地の農産物や、温泉の優待券等お礼の種類は豊富です。(※年一回のものが多数)各市町村にもよりますが特産品は2,000円相当を超えるものが多いようです。「控除が受けられて特産品も貰える。実質負担はなし。」これはなかなかお得じゃないですか?

○お得になるための注意点!
ふるさと納税の証明書を保存して確定申告時に提出することが必須です。これを忘れると肝心の控除をうけることができません。またこの制度は好きな場所に住民税を納付するような形式ではありますが、ふるさと納税を毎年の住民税の納付に替えることはできません。よって自分の住んでいる市町村とふるさと納税をする市町村と二箇所に納めることになります。実質はふるさとへの寄付のような制度であることをご理解ください。

○一度シュミレーションしてみませんか?
 ふるさと納税の支払額は個人で自由にできます(ただし限度額有り)、しかし他の控除との兼ね合いでベストな金額が変わってきます。気になられる方は特産品選びも兼ねてぜひ一度ご相談ください。
posted by 村田税理士事務所 at 10:02| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: